猫とワタシ

こころの風景

日々の出来事を綴っていきます

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【ウォンウィンツァンさん】

音楽

WONG WING TSANさん による
東日本大震災への祈りを込めたネット配信ライブのご案内




Satowal_2SATOWA MUSIC


 
『レクイエム:サトワより祈り込めて』



日時  3月11日 20:30〜 ネット配信スタート予定






Ust





東日本大震災から1年の歳月が経とうとしています。
あの震災の直後、ピアニストのウォンウィンツァンさんは
毎日ピアノに向かい鎮魂の祈りを込めた演奏を
ネット配信にて聴かせてくださいました。
そして再び、一周忌になる3月11日に
ネット配信にてライブを行うそうです。

ウォンさんのピアノ演奏とともに、
私も静かにお祈りしたいと思います


【ウォンさんからのメッセージ】
あの日から、もうすぐ一年が経とうとしています。
亡くなられた方:1万5848人、行方不明:3305人(2月10日現在)。
数字はなにも語りません。
しかし、どれだけの悲劇が、東北の海岸で起きたことでしょう。
ほんの少し想像するだけでも、それは私たちの心に迫ります。
悲しみの数は死者や行方不明者に繋がる、更に多くに家族や知人にまで広がり、
そして日本の殆どの人に繋がっている。
3月11日は日本は深い悲しみに浸され、
東北を中心に各地で鎮魂の祈りが祈られることでしょう。
ですので、私ごときが、もうなにも演ることはないと思っていました。
でも、この数日前、本当は私なりの鎮魂の祈りを上げたいのだと気づきました。
昨年、3月11日を受けて、私たちは
3月16日から「サトワより祈りを込めて」という
ustreamによる音楽配信を36回行いました。
一周忌の3月11日にも
一夜だけの「レクイエム:サトワより祈りを込めて」を
行いたいと思います。
様々な理由で鎮魂の場に出向くことができない方もいると思います。
そのような方たちに、
一人でも参加できる「祈りの場」が提供できれば、と思います。
この一年間を、私達はいったいどのような気持ちで過ごしたことでしょう。
実はまだ余りよく受け止められないでいます。
実感というのがわかない。まるでまだ悪夢の中にいるようです。
でも、少しずつ厳しい現実を取り戻しつつあることも確かです。
残された私たちは生きていかねばなりません。
この「レクイエム:サトワより祈りを込めて」が、
これからの新たな生活への祈りへと繋がることを
私たちは望んでいます。

ウォンウィンツァン
2012/02/14











Satowal_2SATOWA MUSIC





ustreamによる音楽配信アーカイブス・リンク】
こちらから昨年の配信ライブをご覧いただけます。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。