猫とワタシ

こころの風景

日々の出来事を綴っていきます

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【島根の旅〜 美保神社】

旅行記:島根(松江・出雲・美保関)

いよいよ最終日。。。
一畑バスで島根の最東端にある
【美保神社】へ向かいました。
松江からは、車以外ならバスで行くしか方法がない場所ですが、
鳥取の米子空港や、境港からは近距離なのでタクシーで行けます。

とってもいい天気に恵まれて最高の参拝日和となりました

美保神社は、三穂津姫命(みほつひめのみこと)と、
事代主神(ことしろのぬし)『えびす様』の総本宮で、えびす神社の総本社です。
事代主神は、大国主神(おおくにぬし)『だいこく様』の御子神です。
P1000879Img_0382








参道を進むと、満開の桜の木が出迎えてくれました。
Img_0378







更に階段をあがり大きなしめ縄をくぐると、
目の前に美しい本殿が目に飛び込んできます。
 


Img_0369






Img_0366








私達が参拝したのは4月8日です。
この前日は青柴垣神事(あおふしがきしんじ)という祭礼が行われており、
8日はそれに続いて
「後宴祭」といって、
4年間において神社のあらゆる祭祀の中心としてかかわり、
雪の日も雨の日も裃を纏い毎日かかさず神様におつかえるという
大役をはたす
頭人(とうにん)」が選択される日でした。

Img_0360_2Img_0362






Img_0361Img_0358






Img_0364_2Img_0365






Img_0371Img_0357






Img_0349_2Img_0354






Img_0375_2Img_0374







陽の光を浴びる神社とそれを囲む森の木々は美しいの一言でした
Img_0372Img_0376










神事で使われたと思われるお道具を運ぶ巫女さんの後ろ姿が
風に揺れる木立の中へ..

  Img_0381_3










今回の旅の目的は、私が子供の頃よりお世話になった方が
社長に就任されたことで、
その方のご健康と会社の繁栄を祈願することでもありましたので、
祈願をしていただくことがかなって、本当にありがたかったです。
神々さまのご加護に感謝しつつ美保神社をあとにしました。


以下のサイトでは「青柴垣神事」情報や、神事の動画を見ることができます








・青柴垣神事 http://www.chugoku-np.co.jp/Ad/kaihatsu/008/19.html



神事動画)http://www.omatsuri.com/movie/aofusi.html




この後、タクシーを手配して美保関灯台地蔵崎へ向いました
その模様はまた次回にくわしくゥ〜

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。