猫とワタシ

こころの風景

日々の出来事を綴っていきます

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【曼荼羅】

フォーラムアーカイブス

<フォーラムアーカイブス>
 2007. 1 . 2

【曼荼羅】
年明け早々に、尊敬するある方より
「青龍寺」というお寺をお尋ねになっているとメールをいただきました。
このお寺は『弘法大師・空海』様が、
恵果阿闍梨様より真言密教を学ばれたところだそうです。

そういえば以前、Web掲示板に空海さまのお話を書かせて頂いたことがありました。

日本では、空海様が高野山に御入定されたことはあまりにも有名です。
私もこれまで2度程訪れたことがあります。
太鼓の師匠のお墓参り、そして、
ウォン・ウィンツァンさんの月の会のコンサート。。。
どちらも、深く心に残る旅でした。

高野山を訪れた方なら、誰もが感じられると思いますが、
あそこは普通の場所とは違って、目に見えない何かに包まれるような、
それでいて、どこか身の引き締まる神秘的なお山です。

高野山に御入定された空海さまが、
唐僧の「恵果和尚(けいかおしょう)」様より伝授されたのが、密教、そして、曼荼羅でした。

曼荼羅の世界には
「胎蔵界」と「金剛界」があって、
空海様はこのふたつの曼荼羅を対として考え、それを宇宙と解いたのだそうです。

「胎蔵界」と「金剛界」の曼荼羅が描かれた時代は異なりますが、
この二つを合わせ「両界曼荼羅」という形にまとめたのは、恵果和尚様といわれています。
和尚様は、密教の奥義を言葉で伝えることは難しいことであると思い、
唐の絵師に両界曼荼羅を描かせ、空海様に伝授されたのだそうです。

『胎蔵界』
女、月、いざなみ、産み出す
Pastedgraphic4









『金剛界』
男、太陽、いざなぎ、形を引っ張りだす,秩序
Pastedgraphic2_4









相対する二極性の世界。
そして、そのバランスの上にあるのが地球です。
両界曼荼羅を使って多くの人々に悟りの世界を分かりやすく伝えられた空海様。
高野山に行くと、弘法大師様の深い懐に抱かれているような、隅々にまで神聖なエネルギーが満ちていることが感じられます。

このような聖地に身をおくと、やはり、響くものがあります。
父を亡くしてから、これまで以上にさまざまな出来事に気づきをいただきます。 
そして、見えない世界がより近くなったように思えます。

1月は、友人たちと「出雲」を旅してきます。
出雲大社はもちろんのこと、神社を巡ってくるつもりです。
そして、春には、久しぶりに日本を飛び出し旅に出るつもりでいます。
そのご報告も、また改めてさせていただきますね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。