猫とワタシ

こころの風景

日々の出来事を綴っていきます

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【静寂 〜 父の三回忌をむかえ】

フォーラムアーカイブス

<フォーラムアーカイブス>
2006. 7. 13

【静寂 ~ 父の三回忌をむかえ】
しばらくぶりにこの日記を書くことになりました。

私事になりますが、
先月末に、父の三回忌をむかえ、この2ヶ月は、静かに自分の内側を見つめ過ごしていました。

思えば2年前に父が病で倒れてから、
神様にも見放されてしまったのかしらと思えてしまう程のつらい状況に、
生命力が消えてしまいそうになったこともありました。

家族に病人をかかえていらっしゃる方は
経験があると思いますが、夢中に看病し、身も心もだんだん疲れてしまうと、
一番つらいのは病人本人だということはわかっていても、そう考えられない程に気持ちが落ち込んでいきます。

後悔しても仕方が無いこととわかっていながら、父の存在を失ってから、
介護生活で良いサポートができなかった自分を責めてしまう日が続きました。

この2年間は、自分自身を見つめなおす日々でした。
その間、たくさんの気づきや学びをいただいたような気がします。
ようやく、これらは神様からの贈り物だったとさえ思えるようになりました。
どんな状況にあっても、そこから多くの気づきをもらえます。

神様は私達が想像できない方法で、宇宙の真理を伝えようとしてくださるのものですね。

毎日の生活の中で、仕事や人間関係、
さまざまなことで悩みストレスをかかえることもありますね。
そんな時、思わずまわりせいにしたり、環境のせいにして逃げたくなるものです。
でも、そうしても何も解決しないし、それどころが状況はますます悪くなる一方だったりします。
それは、ネガティブな回路やパターンに嵌まりこんでいる状態です。

そんな時は「ありがとう」という言葉を声に出すと良い。とある方がおっしゃっていました。
そうすることによって、ネガティブなエネルギーがポジティブへと変化し、
その波動がやがて状況へも影響をあたえるということでした。
【言霊】って大きな力を持っているんですね~本当にそうなんだと思います。

私は最近では、言霊はもちろんですが「瞑想」にも助けられています。
自分の「内側」に静かに入っていき、深い宇宙意識へとつながろうとするだけで、
身体も心も魂も癒され、神経が休まるのです。
頭を休め、心と魂とつながって、その静寂の中に身も心も置いてみることは、
とても大切なことだと思います。
そして、自分を癒し、救い、成長させることもできます。

古代ハワイの教えでは、人には、
ハイセルフ(高位の自我)・ミドルセルフ(中位の自我)、ベーシックセルフ(低位あるいは基本の自我)の『三つの自我』があると言われています。
この『三つの自我』は、完全に分かれた存在ではなく、役割を持つそれぞれの自我が一つになって「一個人」が成り立っているそうです。
* このことについては = シャーロット・バーニー著書の『フナ 古代ハワイの神秘の教え』ダイヤモンド社 にくわしく書かれています。

障害になるような態度を取ったり、
思い込みや固定観念などが強すぎると、マナ(生命力)が「ベーシックセルフ」から「ハイセルフ」に流れにくくなってしまうのだそうです。
自分の考えや思い込みで、バランスを失ってしまうというわけです。

このことについてはまたいずれ書きたいと思いますが、とても興味深いです。

瞑想を行なうことによって、三つの自我のバランスも取りやすくなるように思います。
また時には、ヒーリングのプロの方に助けてもらったり、身体のケアーも大切ですね。

父が天国に旅だってから、
より深く心の中に分け入り、自分を見つめる時間を持つことの大切さを感じるようになれたことは、悲しみを癒すだけでなく、私のマナ(生命力)を取り戻す大きな力になりました。
これは、やっぱり神様からの贈り物なのだと心から感じています・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。