猫とワタシ

こころの風景

日々の出来事を綴っていきます

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【ハワイ便り no.4】

旅行記:ハワイ

さて、今日もハワイ便りの続編です
キラウエア火口へ向う前に、流れ出た溶岩大地をトレッキングゥ〜

一面に溶岩の硬い岩盤が広がっています
しばらく休憩時間にこの溶岩の上で寝そべって過ごしましたが、
太陽に熱せられた溶岩の遠赤外線効果でとっても気持ちよかったです。
Img_1396










そして、あちらこちらにオヒアレフアの木が風にたえて、
満開の花を咲かせていました
Img_1386












オヒアは木を、レフアは花をさす名前です。
実は、花のように見えるものは、雄シベ(雄蕊)が集まったものです。
Img_1389












この花には古くから伝わる伝説があります。

『オヒア・レフアの花』の伝説
オヒアという青年にはレフアという恋人がいて、

二人はハワイの火の女神ペレに引き裂かれてしまうのです。
ペレはオヒアに一目惚れしてしまい、
自分の恋人になるように迫りますがオヒアが断わると、
彼を人間から木に変えてしまったのです。
悲しみにくれるレフアは、
神々によりオヒアの木に咲く花にしてもらいました。
今でも、木と花という形で二人の愛は結ばれているのです。


下の写真は、花が終わった状態(上)と、つぼみの状態(下)です。
Img_1388_3









つぼみが開きかけてる様子も撮影できました。
Img_1397








完全に開くとこんなに鮮やかにィ〜
真っ赤なレフアの花が太陽の光で輝いています
Img_1399_2








レフアの花はかわいらしくて、どこか花火のような感じもしますね〜
私はすっかりこの花のとりこになってしまいました。
心に残る印象深いハワイを象徴するオヒアレフアです。

さて〜溶岩お昼寝の後は、いよいよ火口へ向います
オヒアレフアの群生の中をくぐり抜けると、
とんでもないスケールの
ハレマウマウ火口が広がっていましたッ
Img_1411









キラウエア火山は活火山です。
今年の3月には、カルデラの南東にあるプウオオ火口が噴火し、
近くにあったジャックさんの家が溶岩に飲み込まれてしまいました。
もちろん、ジャックさんは避難されたのでご無事だそうです。

ジャックさんのことや、その他の火山情報を
伝えているサイトをご紹介しておきますね。
ALOHA BREEZE : http://www.aloha-breeze.com/lava_update/lava.htm
 
『地球のへそ』と言われるキラウエア火山。
そこに立つだけでパワーアップできます
Img_1410

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。